スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






営業マンVS奥様の評判です

奥様というのはかなり家計を預かっているという責任感が強いものですから、営業マンが魅力的な言葉で売り込んでも納得しない場合が多いのです。
なかには素直に営業マンに従ってくださるという奥様も少なくはないようですが、ほとんどの場合、なかなかうまくいかない相手です。
営業マンになったのであるならば、一度はこの手ごわい、素直になかなか首を縦に振らないクライアントである「奥様」に向かい合わなければなりません。
どうしてなのかといいますと、「奥様」はその家庭の経済を握っていることが多く、半端な営業マンよりも金銭感覚が優れている場合が多いのです。
加えて企業間の場合であったとしても、営業マンの最大の難敵はその企業の「奥様」的な存在になります。
そのために異性であれ、同性であれ、まずは「奥様」の心をつかんでいかなければならないのが役目であるのが営業マンです。
つまり営業マンにとって、すべからく「奥様」あるいは「奥様」的な存在となっているのは営業するにあたって大変な相手だというわけです。
しかしながら教育で知っている「奥様」や「奥様」的な存在よりも、営業マンにとっては現実のほうが大変なことを思い知るのです。

営業マンになったのであるならば、最大の関門である「奥様」がクライアントになった場合には一度は向かい合わなければなりません。

営業マンはこうした事情があるために、教育の中でこの「奥様」的な存在の扱い方を訓練されている場合が多いのです。
しかしながらキャリアを積んで、営業スキルを身に付けている老練な営業マンであるならば、何度もこうした場を経験しているのです。
つまり営業マンの成長を握っている存在であると言っても過言ではないのが、この「奥様」であるわけなのです。
営業マンについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集めて、営業マンにとって「奥様」はどんな存在かを詳しく調べてみましょう。

関連お役立ちエリア


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。