スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






医師派遣という新職業と大学病院は人気です

しかしながら産科医不足は解消できずに、大学側も新職業の医師派遣を中止する場合も出てきているようです。
また派遣会社ではなく、大学自体が新職業の医師派遣を行っていることも多く、最近問題になっている産科医の派遣も視野に入れているようです。
もともの新職業の医師派遣は大学が中心になって、行っていた、いわば元祖のようなものらしいのですが、それでも医師不足は解消されなかったのです。
また大学側から新職業の医師派遣をされる場合、その医師はかなりいろいろと拘束されることが多く、自分から医師をやめてしまうようなこともあったようです。
大学としては優秀な医師を置いておきたいものですが、よりスキルアップを目指したり、もっと負担が少ない働き方をしたい医師が新職業の医師派遣に流出しているようなのです。
大学側としては、当初は自分たちが行っていたことを、民間の派遣会社に医師たちが流れて行ってしまうことで、困っているのが新職業の医師派遣のようです。
これは大学にとっては優秀な医師が外へ流出してしまうことですから、新職業の医師派遣も非常に困っていることのようなのです。
ですから医師もインターンを過ぎて、一人前の医師として実力と実績を備えてしまうと、大学をやめてしまい、新職業の医師派遣に登録するようになってきたようなのです。
そのためにかなり大学は、この医師にとってはありがたいシステムである新職業の医師派遣は脅威ともいえるかもしれません。
それだけ医師が自分の働き方やキャリアアップのために、簡単に新職業の医師派遣を選んでしまう傾向にあるようなのです。
なぜかといえば、ボロボロになるまで働かされる大学の医師よりも、もっと自分が無理をせずに働ける場所を新職業の医師派遣に求めるようになってきたからです。
つまり今までは学んでいた大学でキャリアを積んで言っていた研修医も新職業の医師派遣のほうへと流れて行ってしまうので、頭が痛いところです。

新職業の医師派遣は、研究医の大学離れも進めているようで、これから大学を支えて行ってくれるような人材が外部に流出し始めているようなのです。
大学にとっては厚生労働省が認可して登場してきたことで、医師の考え方が根底から変わったと考えているようなのが新職業の医師派遣です。

関連お役立ちエリア


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。